最近の飼いねこ達は外へ行かないのでケンカ傷で悩むことは少ないかなと思います。

多頭飼育で家庭内ケンカをしても、爪のばい菌も少ないでしょうし、大きな傷になる事も少なく感じます。

でも、うっかり外へ逃げ出して、外猫と喧嘩したり、どこかで傷を作ったりすることもありますね。

そこで知っておきたいのは、ネコの傷は傷口が直ぐにふざがってしまうこと。

傷口が塞がってしまうことで、バイキンが体外に出ることがなく、皮下でどんどん侵食していくんです。

 

喧嘩傷が化膿、皮下で広がり熱をもってる。

昔はよくありました。

猫の化膿は、表面の傷がすぐにふさがり、皮下で広がります。

命を落とすこともあるので、侮れません。

病院では、傷口から皮下を洗浄、抗生剤の投与で経過をみていきます。