パテラと靭帯の話

『パテラと靭帯』

日頃よりk-dogsをご愛顧頂き、ありがとうございます。

小型犬に多いパテラとは

膝蓋骨(膝のお皿)が左右にずれる

『膝蓋骨脱臼』のことです。

大型犬では『股関節形成不全』と言って股関節がうまく収まらず問題となる事があります。

今回はパテラとその周りの靭帯についてのお話です🤗

膝蓋骨は、大腿骨膝関節の上にあり、大腿四頭筋腱から膝蓋靭帯で支えられてます。

それが内側または外側にズレることを膝蓋骨脱臼と言います。

レベル1 

基本的に膝蓋骨は中央にある。

触診で外れるが、すぐに戻る

特に症状はない

レベル2

基本的に膝蓋骨は中央にある。

触診で外れ、戻らない

症状はない事が多いが、時折スキップする

レベル3

基本的に脱臼している。

触診で戻せる

スキップの頻度が多く、時に足をつかない

レベル4

基本的に脱臼している。

触診で戻せない

ほぼ、足をつかない

この脱臼具合、頻度によって、大腿骨四頭筋現在や膝蓋骨靭帯や伸び、伸びると縮む事がないので、膝が緩い という表現をします。

この緩い状態で負荷がかかると 靭帯断裂の可能性があります。

IMG_1465.jpeg
IMG_1464.jpeg

Post navigation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。