image

犬は色盲ですよね?

と聞かれることがあります。 人とは網膜の構造が違うため赤と緑がわかりにくいようなので、人とは見える世界に違いがあるのでしょうか。

色は、目だけでなく皮膚でも感じるようですし、目で見るというよりは、色が発する波長で、冷たい暖かいなど 肌で感じることができるのでしょうか。

そこで、色が持つ効果について少し。

レッド
無気力、体力消耗しているときに活力をあたえる
冷え性、低血圧に

オレンジ
こころを元気にするビタミンカラー
食欲増進
ショックを吸収する

イエロー
陽気で楽しい気分に
消化を助ける

グリーン
癒し、リフレッシュ
眼精疲労
疲れを取る

ピンク
若返り

ブルー
興奮を鎮める
不眠の時に
ダイエット効果

バイオレット
リラックス、癒し

ベージュ
体が弛緩

色って面白いですね~

救急車で使うブランケットの色はオレンジ

手術着はグリーン

ラクダのシャツと呼ばれる肌着はベージュ

ちゃんと意味があっての色使いだったんですね。

この冬、みなさんは、大事なペットを何色のブランケットで包みますか?