k-dogs では
本日 ご予約のお客様方とお話をして
全てのご予約を後日に変更としました。

これだけの気圧の変化と、世間の不安の中で、数日前から シニア犬達の様子が変わってきております。

昨日の朝も、シニア犬の発作について、数件 ご連絡があり、ひとりは獣医師に相談するよう、お伝えしました。

癲癇発作、心臓疾患、後頭骨形成不全等、持病がある子達は、少し気をつけて様子を見ているといいかもしれませんね。

動物病院は、近辺 自宅開業か病院からご自宅が近い獣医さんが多いので、通常通り 診察しているとは思いますが、連れ出すのが賢明とは限らないし、スタッフは手薄かも知れず、電話をして、獣医師に相談、病院の様子を確認してから行動しましょう。

持病がなくても、生後数ヶ月、超小型犬などは、気圧の影響を受けやすいので、興奮させず、のんびり静かに過ごすことをオススメします。

この辺り、避難勧告、避難警告は出てませんが、
避難を考えた場合は、首輪かハーネスに狂犬病の鑑札をつけておきましょう。

ペット同伴避難が可能かどうかも、自治体に確認が必要になります。同伴可能でも、ペットと飼い主は 分けられるところもありますので、今後の地震にも備えて 日頃からチェックしておくといいですね。

台風19号、被害がなくペット達に影響少なく通り過ぎることを心より願っております。

k-dogs
ふくしま